ディープ・インパクト (1998) : Deep Impact

巨大彗星の衝突によって大破局を迎えた地球の最後の日々の人間模様を描いたパニック大作。監督はミミ・レダーで、彼女の監督第2作。脚本はマイケル・トルキンとブルース・ジョエル・ルービン。撮影のディートリッヒ・ローマン、美術のレスリー・ディリー、編集のデイヴィッド・ローゼンブルーム、音楽はジェームズ・ホーナー。特殊視覚効果はスピルバーグの一連の作品で名を馳せるILM。

監督:ミミ・レダー
出演:ロバート・デュヴァル、モーガン・フリーマン、ティア・レオーニ、イライジャ・ウッド、リリー・ソビエスキー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、マキシミリアン・シェルほか。

ディープ・インパクト (1998) のストーリー

新進ニュースレポーターのジェニー・ラーナー(ティア・レオーニ)は大統領ベック(モーガン・フリーマン)の元側近アラン(ジェームズ・クロムウェル)の辞任の謎のスクープを追う渦中、なんと大統領その人と極秘に会見。その2日後、大統領は巨大彗星が地球に接近しており、衝突まであと1年しかないという、全世界を震撼させる記者会見を行った。米国政府は百万人を収容する巨大なシェルターを建設。一方で、彗星を軌道から逸らすべく、宇宙飛行士チームがメサイア号と命名された宇宙船で出撃。指揮官である往年の宇宙飛行士スパージャン・タナー(ロバート・デュヴァル)以下、メンバーの決死の努力も空しく、彗星はふたつに破壊されただけで、地球に接近を続けた。地球上で人々は、大破局を迎える運命の時をおのおのが待ち受ける。彗星の発見者であるリオ(イライジャ・ウッド)は家族とシェルター入りが決まっていたが、恋人のサラ(リリー・ソビエスキー)の元へ戻った。世紀のスクープをなしとげたジェニーは、母ロビン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を捨てて再婚したため仲違いしていた父ジェイソン(マキシミリアン・シェル)への愛を取り戻し、海辺の生家へ帰り、父と抱擁を交わす。運命の日。大西洋に落下した彗星は大津波を引き起こし、大地と人々を呑み込んだ。しかしここで奇跡が。タナーの提案で、メサイア号はもうひとつの彗星に核ミサイルと共に特攻したのだ。かくして彗星は破壊され、人類は生き延びることができたのだった。

関連記事

  1. ショーシャンクの空に (1994)

  2. アミスタッド (1997) : Amistad

  3. コレクター (1997) : Kiss the Girls

  4. チェーン・リアクション (1996)

  5. 許されざる者 (1992) : Unforgiven

  6. アウトブレイク (1995) : Outbreak