ダークナイト (2008) : The Dark Knight

クリスチャン・ベール主演による新生「バットマン」シリーズ第2弾。若くして急死したヒース・レジャーが、様々な策略で人心を惑わす新たなジョーカーを怪演し、アカデミー助演男優賞を受賞した。

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン、キリアン・マーフィー

ダークナイト (2008)のあらすじ

ゴッサムシティを苦しめていた犯罪集団を倒し続けるバットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)。警部補と地方検事の力を借りて犯罪集団をおさえ込むことに成功した彼の前に、凶悪な犯罪者ジョーカー(ヒース・レジャー)が出現、町は再び混乱に陥る。

ダークナイト (2008)のストーリー

道化師のマスクを被った犯罪者の一団がマフィアの資金を管理する銀行を襲うが、裏切りを命じられていたメンバーは互いに殺し合い、計画通り、ボスのジョーカー(ヒース・レジャー)だけが、大金を奪って逃走する。サルバトーレ・マローニ、ギャンボルらのマフィアたちが集まり、対応策を練る打合せにジョーカーが現れ、マフィアの資金の半分と引き換えに厄介な存在のバットマンを殺す事を提案する。これに反発するギャンボルをジョーカーが抹殺し、彼の組織を引き継ぐ。最終的にマフィアたちはジョーカーの提案を受け入れる。
一方、ブルース・ウェインことバットマン(クリスチャン・ベール)とゴッサム市警のジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)は、ゴッサムシティから組織犯罪を撲滅すべく密かに協力して活動していた。一方、地方検事のハービー・デント(アーロン・エッカート)がマフィアに正面から立ち向かい成果を上げており、ブルースは表舞台で理想を掲げ悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、ハービーを支えることでバットマンの引き際を考えていた。ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズ(マギー・ギレンホール)に想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。ジョーカーはマスメディアで、バットマンが正体を明かさなければ、市民を殺し続けると宣言し、実行する。様々な世論への揺さぶりに対して、ブルースは正体を明かそうとするが、ハービーが「自分がバットマンだ。」と宣言し、逮捕後、護送される。その護送車をジョーカーは待ち伏せして、ハービーを抹殺しようとするのだった。

関連記事

  1. バットマン ビギンズ (2005)

  2. ブルース・オールマイティ (2003)

  3. ミリオンダラー・ベイビー (2004)

  4. 素敵な人生のはじめ方 (2006)

  5. ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜 (2009)

  6. エバン・オールマイティ (2007)