ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります (2014) : 5 Flights Up

ブルックリンの最上階の部屋に暮らすカーヴァー夫妻。エレベーターがないため家を売りに出すことにするが、内覧日の前日、愛犬が緊急入院してしまう。初共演のモーガン・フリーマンとダイアン・キートンが、長年連れ添った夫婦の心の機微を演じる。ダイアンのマニッシュなファッションや、ブルックリンの街並みにも注目。全米ロングセラー小説を「ファイヤーウォール」のリチャード・ロンクレインが映画化。

監督:リチャード・ロンクレイン、脚本:チャーリー・ピータース
出演:モーガン・フリーマン、ダイアン・キートン、シンシア・ニクソン、クレア・ヴァン・ダー・ブーム

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります (2014)のストーリー

ニューヨークのブルックリンの街を一望できるアパートメントの最上階。画家のアレックス・カーヴァー(モーガン・フリーマン)と元教師の妻ルース(ダイアン・キートン)がこの理想的な家に住んで40年が経った。しかし、この建物にはエレベーターが無かった……。アレックスが日課としている愛犬ドロシーとの散歩を終え、5階にある我が家への階段をようやく上り終えて帰宅すると、姪のリリー(シンシア・ニクソン)が明日の準備のためにと訪問していた。夫の今後を心配したルースがエレベーターのある住居へ引っ越そうとアレックスを説き伏せ、今の住まいを売ることにしたのだ。そして明日が購入希望者のためのオープンハウスの日。リリーは、やり手の不動産エージェントであった。そんな折、ドロシーに異変が起こる。夫妻は5番街の行きつけの動物病院へとタクシーを走らすが、車は一向に動かない。どうやらマンハッタンへ渡る橋の上でタンクローリーが道をふさいでいるらしい。ようやく獣医に見てもらったドロシーはヘルニアを患っており、手術が必要と言われてしまう。翌朝、やる気満々のリリーがお客を連れてやって来る。オープンハウスは一風変わったニューヨーカーたちで大賑わい。早速いくつかのオファーが入ると同時に、獣医からドロシーの手術成功の連絡を受け取り夫妻はほっと一安心。一方、いそいそと新居候補を探し始めるルースとアレックスをよそに、タンクローリー事故は一夜にしてテロ事件へと様相を変えていた。アレックスとルースの見晴らしの良い家は誰の手に渡り、そして二人の新居はどうなるのだろうか……。

関連記事

  1. LUCY/ルーシー (2014)

  2. グランド・イリュージョン 見破られたトリック (2016)

  3. ジーサンズ はじめての強盗 (2017) : Going in Style

  4. ラスト・ナイツ (2015) : Last Knights

  5. 最高の人生のはじめ方 (2012) : The Magic of Belle Isle

  6. トランセンデンス (2014) : Transcendence